授乳中でもコーヒーが飲みたい!カフェインレスのコーヒー5選

コーヒーを手に微笑む女性

赤ちゃんを出産して一安心。

「なんでも飲み食いできるぞー!」と思いきや「授乳中はカフェインを控えましょう」と言われてショック!!

“なんでカフェインを控えるの?””どれくらいの量なら良いの?”
“そもそもカフェインってコーヒー以外にも入っているの?”

疑問だらけで不安になってしまいますよね。

授乳中のママが気にしなけゃいけないカフェイン。

どうして控えなきゃいけないのか、1日にどれくらいの量なら良いのか、カフェインはなにに含まれているのか、などの疑問や、カフェインレスのドリンクを紹介します。

Sponsored Link

授乳中にどうしてカフェインを控えるのか

コーヒーと砂糖

「コーヒーが飲みたい」

授乳中とは分かっていても、コーヒーが飲みたい気持ちを抑えるとストレスが溜まります。
ストレスは母体に良くありません。

カフェインはどうして控えた方が良いんでしょうか。

カフェインが母体に与える影響とは?

カフェインには覚醒作用があることから、朝に1杯のコーヒー、家事の合間に一息つくために1杯コーヒーを飲むのが習慣になっているママもいるかと思います。

カフェインは多量に飲むと不眠やめまいを引き起こしますが、少量であればママには影響がありません。

授乳中のママがカフェインを飲むと、ママではなくおっぱいに影響をします

カフェインが赤ちゃんに与える影響とは?

カフェインを飲んだママのおっぱいを赤ちゃんが飲むと、カフェイン覚醒作用が働いて赤ちゃんが情緒不安定になると言われています

機嫌が悪くなったり、病気でもないのに泣き止まなかったり、なかなか寝付いてくれなかったり、夜泣きをしたりします。

興奮をしてハイテンションになる赤ちゃんもいます。
リラックスができず赤ちゃんの成長の妨げになる可能性があります。

また、おっぱいには催眠作用があると言われてます。
おっぱいを飲んで赤ちゃんの寝付きが悪いときは、カフェインの影響があるかもしれません。

Sponsored Link

授乳中に飲めるカフェインの量は?

では、少量でもカフェインは飲むのを控えたら良いのか、というとそうではありません。

カフェインの1日の最大摂取量は国によって目安が違いますが、WHO(世界保健機関)は1日300mg、コーヒーカップに置き換えるとカップ3杯程度までであれば大丈夫としています。

ただしカフェインを飲んだ直後の授乳は避けた方がいいでしょう

カフェインを飲んで30分以内におっぱいを赤ちゃんに与えてしまうと、カフェイン濃度が高い状態のおっぱいを赤ちゃんが飲んでしまうことになります。

ママがカフェインを飲んで、カフェインが抜けるのに3~4時間かかると言われていますが、赤ちゃんがカフェインを飲むと、身体から抜けるのに3日かかると言われています。

もしコーヒーを飲むなら、カフェインを薄めにして飲んで、飲んだら時間を空けて赤ちゃんにおっぱいをあげましょう。

カフェインが含まれている食品・飲み物は?

チョコがけクッキー

カフェインが多く含まれている飲み物と食品一覧です。

カフェインが多く含まれている飲み物(100mL当たり)
  • 玉露 :120mg
  • コーヒー  :60mg
  • 栄養ドリンク:50~60mg
  • ココア   :30mg
  • 紅茶    :30mg
  • 抹茶    :30mg
  • 緑茶    :20mg
  • ウーロン茶 :20mg
  • コーラ    :10mg

意外にもカフェインが多く含まれているのはコーヒーじゃなく、玉露でした。

カフェインが多く含まれている食べ物(100g当たり)
  • ブラックチョコレート :120mg
  • ミルクチョコレート  :30mg
  • ブラックガム     :10mg

飲み物以外にも、チョコレートやブラックガムに多くカフェインが含まれています。
他に、チョコレートやコーヒーが含まれている食品もカフェインが入っているので注意が必要です。

どうしても眠気覚ましにガムを噛みたいママは、カフェインの入っていないミントガムがおすすめです。

カフェインレスのコーヒー5選

以下、カフェインレスのコーヒーです。
参考にしてくださいね。

イタリアのコーヒーメーカー「ラバッツァ」のカフェインレスコーヒーです。

見た目がおしゃれな「コトハ」のカフェインレスコーヒーです。

 コーヒー好きの方に定評のあるカフェインレスコーヒーです。

インスタントですがコーヒー本来の旨味と風味が楽しめる、本格的コーヒーのカフェインレスコーヒーです。

 カフェオレ好きで手軽に飲みたいママにおすすめのカフェインレスコーヒーです。

Sponsored Link

まとめ

    • カフェインを控える理由は、ママが飲んだカフェインが赤ちゃんに影響をするかもしれないから。
    • 1日に摂って大丈夫なカフェインの量は300mg、コーヒーカップ3杯まで。
      コーヒーを飲んだ直後に赤ちゃんにおっぱいをあげるのはやめましょう。
    • カフェインが多く含まれいる飲み物はコーヒーじゃなく、玉露でした。
    • カフェインが多く含まれている食品はブラックチョコレートやブラックガム
      ミントガムにはカフェインは含まれいないので、気分転換にガムを噛むならミントガムを。
    • カフェインレスのコーヒーはたくさんあります

    コーヒー好きのママでも充分にコーヒーは楽しめます。
    1杯のコーヒーで一息つきましょう。

    今日も子育てお疲れ様です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です